親知らずに関するよくある質問 - あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科|横浜駅より2分

親知らずに関するよくある質問

抜歯検討に関する質問

抜かなくても良い親知らずはありますか?

結論としてはあります。その場合、2パターンあると考えます。

  • まっすぐ生えていて、噛み合う親知らずもあり、生活に支障がない場合
  • 歯茎の中に完全に埋まっていて外に出てくる心配がない場合

また、「全身疾患があり外科手術に耐えられない方」「顎関節症などにより顎を大きく開けることができない方」などは親知らずを抜歯することはできませんので、ご注意ください。

「妊娠している方」は、安定期(16週〜)に入れば抜歯できるとされていますが、麻酔を使用したり、処置後に投薬が必要であったりするので、産婦人科の担当医と相談の上、歯医者を受診してください。

一度に何本抜歯可能でしょうか?

抜歯した側の顎で食事することは難しいので、左右両方を同時に抜くことはほとんどありません。
そのため、複数本抜歯を行う場合は、片顎の上下のセットが多いです。
しかし、親知らずの生え方や患者様の特別な事情によっては対応できることもありますので、一度担当医にご相談ください。

抜歯をすると小顔になりますか?

親知らずを抜くと、元々歯があった箇所の骨が吸収されますので、顎が細くなることは考えられます。しかし、劇的に小顔になることはないでしょう。

抜歯する日はいつがベストですか?

早ければ早いほど良く、ベストは20代前半です。年齢を重ねるにつれ歯は硬くなりますので、抜歯の時期が遅くなると抜歯処置に時間がかかります。また、傷口が塞がる時間も若い方が早いです。

急に親知らずが痛くなりますか?

当院は、当日抜歯、複数本抜歯も対応しており、また土日祝も含め夜19時まで診療しているため、非常にスムーズに抜歯に対応することが可能です。
しかし、痛みが生じているということは、親知らずが炎症を起こしている可能性があり、この時に抜歯を行うと麻酔が効きにくいので、かなり痛みを伴います。
そのため、場合によっては痛み止めや抗生剤を処方し、痛みや炎症が治ってから親知らずの抜歯を行う事もあります。

抜歯当日に関する質問

親知らず抜歯の時間はどのくらい?

親知らずの抜歯にかかる時間は、難易度によって変化します。まっすぐ生えている簡単なケースであれば数分程度で完了します。

しかし、斜めや横向きに生えている親知らずの場合は難易度が上がるため、もう少し長く時間がかかります。
熟練した口腔外科専門の歯科医師でおよそ30分ほどかかり、親知らずの埋まっている深さや向き、骨の硬さによっては60分ほどかかる場合もあります。

抜歯の痛みはどのくらいでしょうか?

抜歯自体は麻酔が効いていますので、ほとんど痛みを感じることはありません。
しかし、術後は麻酔が切れ、徐々に痛みが出てきますので、その場合は処方する痛み止めを服用してください。

麻酔は痛いですか?

表面麻酔や細い針、体温程度に温めた麻酔液などを用いることで痛みをかなり抑えることができます。当院は、これまで多くの親知らずの抜歯を担当してきた口腔外科専門の歯科医師が、痛みに最大限配慮した抜歯を行いますので、安心して治療を受けていただけます。

抜歯が終わった後の注意事項を教えてください。

ガーゼを30分ほどしっかり噛み、圧迫止血してください。それでもまだ血がダラダラと出るようでしたら、再度圧迫止血を行ってください。
当日は激しい運動や飲酒は避けるようにしましょう。血行が良くなり出血が止まらなくなります。

また、圧迫止血により出血が和らげば、食事をされても問題ないのですが、しばらくは麻酔が効いており、思うようにお口の操作が出来ないと思いますので、間違って頬などを噛まないようにしてください。
できるだけ歯を抜いていない顎(左側の親知らずを抜いている場合は右側)で食事をされると良いでしょう。

歯磨きやうがいは、通常通り行っても良いのでしょうか?

歯磨きは、抜歯した箇所以外はしっかり行ってください。
ただし、強い圧をかけてブクブクとうがいをすると血の塊(血餅)が剥がれ落ち、治りが遅くなりますので、軽く口をゆすぐだけにしてください。

ドライソケット(抜歯骨が炎症を起こした状態)になると痛みが長続きしてしまいます。

抜歯数日後に関する質問

親知らず抜歯後に通院の必要はありますか?

抜歯後に縫合をした場合は、後日糸を抜くため再度ご来院いただく必要があります。歯肉を縫い合わせた糸をハサミで切り取るだけの作業です。抜糸後は、消毒をして終わりになります。

抜歯後どれくらい痛みますか?

術後1〜3日間ほどが、痛みと腫れのピークになりますが、痛み止めを服用することで痛みをかなり抑えられますので、日常生活に支障は生じません。
腫れ方は難易度によって異なりますが、最近はマスクをすることが多いので、仕事などで他の人と会ってもほとんど気づかれることはないと思います。

抜歯後の注意事項はありますか?

抜歯後、半日〜1日ほどは唾液に血が混ざることもありますが、心配しないでください。
安静にしていれば2〜3日程度で痛みや腫れがなくなり、これまで通りに過ごすことができます。
しかし、痛みが引かない、もしくはさらに痛くなったなどのおかしい症状が現れたら、すぐに担当の歯科医師までご連絡ください。

記事の監修

この記事の監修 浜島均
あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科
院長兼相生会理事長

浜島 均

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 にて研修
同大学 顎顔面外科学講座 口腔先天異常学研究室 所属
一般歯科医院を経て
2021年 あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科 開院

関連ページ

本ページに関連する内容が別ページにもあります。興味があればぜひご覧ください。

親知らずについて 親知らず抜歯後の注意点 難易度の高い親知らず抜歯
あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

横浜駅から徒歩2分

あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科
〒220-8577
神奈川県横浜市西区南幸2丁目15−13 横浜ビブレ8階

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし

【当日予約も受付中】お気軽にご連絡下さい