親知らず抜歯後の注意点 - あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科|横浜駅より2分

親知らず抜歯後の注意点

親知らずの痛みについて

親知らずの痛みについて

多くの場合、1〜3日間ほど経過すると、痛み止めが不要なくらいまで痛みが引きます。しかし、抜歯した傷口が細菌感染やドライソケットを起こしたり、腫れがある場合には、痛みがなくなるまで時間がかかり、1週間ほど痛みが続いてしまいます。
特に下の歯の親知らずを抜歯した場合は、上の歯よりも腫れやすく、痛みが出やすい傾向があります。

親知らずについて 難易度の高い親知らず抜歯

痛みと出血のピークについて

抜歯をすると歯茎に穴が開きますので、少なからず出血を伴いますが、圧迫止血を行うことで数時間ほどで出血は止まります。また、麻酔の効果が切れると多少痛みが生じますが、痛みのピークは抜歯後から1〜3日間ほどになり、ピークを越えると徐々に痛みは治ります。
術後は痛みが出る前に痛み止めを服用することで、痛みのピーク時においても痛みを軽減する事ができます。

親知らずの抜歯で一番厄介なのが、術後の腫れです。
仕事や学校などで毎日人と会う機会のある方は、抜歯後の腫れが気になるかと思います。そのせいで、親知らずを抜歯したいが、なかなか都合の良い日を見つけられない、など悩まれている方も多いのではないでしょうか?

当院ではできるだけ腫れないように抜歯を行いますので、術後も普段と変わらない日常生活を送ることが可能です。
親知らずの抜歯は外科処置ですので、全く腫れないようにすることは不可能ですが、口腔外科の専門の熟練した歯科医師が治療にあたりますので、かなり腫れを抑えることが可能です。

抜歯当日の注意点

抜歯後は処方された抗生剤と痛み止めを服用してください。抗生剤は必ず処方された全てを服用するようにお願いします。また、痛み止めは、麻酔が切れる前に初回服用しておくと、麻酔が切れた後の痛みが少なく楽になります。
以降は痛みを感じたら追加で服用するようにしてください。
また、出血により口の中が気持ち悪いかもしれませんが、ブクブクうがいは避けてください。抜歯部の血の塊(血餅)が取れて、治りが遅くなります。

抜歯数日後の注意点

抜歯後1〜2日間は多少出血することがあり、その際に口の中が血の味がすることがありますが、心配いりません。量が多く気になるようであれば、ガーゼのようなものを硬く折りたたみ、抜歯した箇所に乗せて強く噛み、圧迫止血を行なってください。出血を和らげることが可能です。

しかしながら、圧迫止血を行なってもなお、大量の出血が数日続くようであれば、当院にすぐご連絡ください。
また、抜歯後翌日になっても唇のしびれが治らない場合は、消毒と抜糸で来院した際に必ず担当の歯科医師に報告してください。親知らずの抜歯によって、0.1%ほどの確率で下歯槽神経に麻痺が生じる恐れがあります。1000人に1人の確率なので滅多にないことですが、その場合はしばらくの間神経の修復を促すためのビタミン剤を服用していただく必要があります。

親知らずに関するよくある質問

ドライソケットについて

ドライソケットについて

ドライソケットとは、抜歯した箇所の歯槽骨が炎症を起こしたせいで寝ることもできないほどの痛みを伴うものです。
通常、抜歯した箇所は、血液がモチ状に固まり傷口が塞がるのですが、もともと骨が硬く変化していたケースや何らかの理由により血餅が流れてしまったケースなどではドライソケットを引き起こすことがあります。

なぜドライソケットが起こるのか?

ドライソケットは抜歯した穴の中に血の塊ができない、もしくは剥がれてしまうことで、正しい治癒ができずに発症してしまいます。
その原因としては下記の3つが考えられます。

  • 加齢変化などで骨自体の血流が悪くなっていて、抜歯した穴に血が溜まらなかった
  • 免疫力が落ちていて、骨の表面が感染を起こした
  • うがいのしすぎで、血の塊が剥がれた

ドライソケットにならないために

上で説明した3つの原因のうち、最初の2つは正直ご自身ではどうにもならない問題ですが、うがいのしすぎは防ぐことができます。抜歯当日に頻繁にうがいをしない、そして、ブクブクと強い圧でうがいをしなければ、血の塊を剥がすことなく正しい治癒を促すことができます。

ただ、万が一ドライソケットになった場合は、2週間程度痛みが続きますが、必ず引きますので、ご心配の方は当院にご連絡ください。

親知らずに関するよくある質問

記事の監修

この記事の監修 浜島均
あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科
院長兼相生会理事長

浜島 均

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 にて研修
同大学 顎顔面外科学講座 口腔先天異常学研究室 所属
一般歯科医院を経て
2021年 あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科 開院

関連ページ

本ページに関連する内容が別ページにもあります。興味があればぜひご覧ください。

親知らずについて 難易度の高い親知らず抜歯 親知らずに関するよくある質問
あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

横浜駅から徒歩2分

あいおい歯科グループ 横浜駅前歯医者・矯正歯科
〒220-8577
神奈川県横浜市西区南幸2丁目15−13 横浜ビブレ8階

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし

【当日予約も受付中】お気軽にご連絡下さい